2015年 コラム・つぶやき 勉強法(二次試験)

わたしにないもの


今日の勉強会ネタから一つ。

二次試験では、時に解答の根拠を与件文に求めにくい問題が出題されます。平成25年事例Ⅲ第3問は、そのような問題の一つでしょう。C社の過去の新規開発失敗の要因は、単に低価格の競合品が出てきたからではありません。論点は、ノウハウを活用して新規事業に打って出たにもかかわらず、なぜ負けてしまったのかということです。そして、社長は培ったノウハウを活かして、通信部材市場「以外」の新規事業開発をしたいと考えているのです。そのような社長に、どのような分析と提言ができるかが問われています。

このような場合の一つのアプローチは、「わたしにないもの、欠けているもの」を探すことです。その際、問題点の構成要素をMECEでカバーすることが大事です。この問題では、過去の新規事業開発において、C社の開発、営業、製造、販売のそれぞれに欠けているものはなんだったのかをあきらかにすることです。その上で、欠けているものを補う上で注意しなければならないことが留意点と言えるでしょう。そうすると、解答のきっかけが見つかる可能性が高まります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください