2015年

一次試験直前期にできること

今週末は、中小企業診断士一次試験ですね。これまでの皆さんの頑張りが実を結ぶ日になると確信しています。

さて、この直前期にできることを、幾つか挙げたいと思います。

1 十分に体を休める

最後の瞬間まで勉強に勤しむことは素晴らしいですが、それと同じくらい大事なことは、試験当日にベストコンディションで試験に臨むことです。いくら知識を頭の中に入れていても、当日風邪気味で全然思い出せなかったという状況は避けたいところです。夜はなるべく早く床につき、十分な睡眠をとって、体調を万全にしてください。最近は記録的な猛暑が続いていますので、知らず知らずのうちに、体に疲れがたまっていますので、気をつけてください。

2 最後の切り札「試験要項チェック」

一次試験に必要な知識が頭の中に入っているか、不安な方は多いと思います。今自分はどれだけ勉強できているかを確かめる方法は、試験要項に載っている出題範囲を活用することです。出題範囲に乗っている言葉を、自分なりに説明してみます。うまく説明できなかった言葉をチェックして、直前はそれらを重点的に確認します。私はこの方法で、約20点取りこぼさずに済みました。

3 前日は一人で過ごす

皆さんは、他の受験生が気になって仕方ないのではないかと思います。でも、一次試験は、誰かに勝つ試験ではなく、協会が求める合格基準を達成する試験です。その意味では、皆さんにとっての最大のライバルは、他の受験生ではなく、皆さん自身の心ではないでしょうか。不安な気持ちを持つなというのは厳しいですが、他に心を乱される要素は、なるべく排除しておきましょう。そのためにも、試験直前期は、なるべく一人で過ごすことをお勧めします。とはいえ、「誰かいないと寂しいよー」という方には、無理にお勧めしませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください