2016年 コラム・つぶやき 勉強法(二次試験)

NEXT実況中継(1月第二週)

IMG_20160116_121217★「独学で不安なあなた、One-Wayの予備校に不満なあなたへ」

一度、NEXT自主学習会(水曜夜すいねく、土曜終日どねく)を覘きに来ませんか?

 

1.2016.1.13すいねく実況中継、3時間

H27事例Ⅱの(1)設問、与件読み、(2)方向性、設問間の関連、(3)解答ツッコミで、「気付きと反省」を促しました。

特に、代表理事の想いが表現されている

①寝具店後継者が将来にわたり経営を続ける為には、10年後を見据えた組合運営・商店街活性化が必要と感じた ⇒ 志を同じくする若手店主、土地建物所有者、県・市の協力獲得

(商店街活性化のメッカ、丸亀町商店街のテナントミックス@所有と使用の分離、定期借地権)

②補完関係でのWIN/WINを描いた総合スーパー出展の”もくろみ”外しの経験 ⇒ すみ分け・差別化の必要性

(品揃え:こだわりの商品・・・NOT PB,NB、販売:親しい会話・・・NOT Self-Service)

③空き店舗率7%への強い危機感と生き残る道の模索 ⇒ イベント業者任せにせず、自らが県内を回って・・・

(事例Ⅰ社長の”陰りと模索”、自ら全国を行脚・・・・共に強い危機感を抱き、トップ自ら行動!)

16人が参加、OB2人も議論に加わりました。

 

2.2016.1.16どねく実況中継、6時間

H15事例Ⅱの(1)設問、与件読み、(2)方向性、設問間の関連、(3)知識整理(OEM、5フォース、久助、ブランド)を行いました」。(4)解答ツッコミで、「気付きと反省」を促し、最後は毎回恒例の(5)事例Ⅳ一問その場解き、を行いました。

内容的には、過去問で繰り返し問われているB社の強み活用と自社ブランディングの必要性。

特に、B社への客観的評価(=強み)、社長の想いと夢の理解(=寄り添う診断士)を議論した

(1)客観的評価は、①好評を博していた、独自改良の味わい、②重宝がられた中元・歳暮の贈答品、③業者間の口コミによるB社のOEM供給の評判と、全国の有力菓子店への納入実績、④Tコンビニに評価された、厳しい取引条件のクリアーと、業務量増大への対応力

(2)新社長の想いと夢は、①初心を忘れず、自社の自営店舗を維持し、創業時の屋号を守りたい想い、②煎餅屋として、10年間に50種類の新しい味の煎餅を発売する夢(診断士の”自社ブランドの構築・育成助言”を受けて、落ち着きを取り戻して思い出した夢!)

★SWOT分析、戦略助言に際しては、”社長の想いと夢(自信が無い場合がほとんど)”を理解して、診断士の知見で実現可能(可能な事例がほとんど)であれば、分かり易く説明し”背中を押してやる(孤独な社長に自信を持たせる)”・・・・・対応が診断士には求められる・・・・・

7人が参加、OB2人も議論に加わりました。

 

★NEXT学習会(水、土)見学希望の診断士受験生は、「お問い合わせ」より、見学希望日時をお知らせ下さい。事務局より、学習会会場と留意事項を返信いたします。

投稿:Lucas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください